<
Internet Watch連載 期待のネット新技術」 Index

掲載順

【10GBASE-T、ついに普及?】 「10倍高速」を実現するケーブル仕様とは?
電圧レベルは16段階に、増えたエラーは強力な「LDPC」で対策するも回路規模は増大……
CAT5/CAT5eの利用を断念 CAT6/6A/6e/7のみサポート
大きすぎた消費電力、進む微細化で徐々に実用に
同軸ベースの「10GBASE-CX4」、SFP採用の「10GSFP+CU」が先んじて普及
ようやく10GBASE-Tが主役に? チップの低価格化と省電力化進む
10GbEで性能を出すなら、「PCIe帯域とストレージ性能」がツボ
10GbEでは「Jumbo Frame」が効果的、1Gとの混在環境ではMTUサイズに注意
10GBASE-Tの速度をWindowsファイル共有に活かす「SMBダイレクト」、RDMA対応のWindows 10 Enterprise/Pro for Workstationで利用可能
ケーブル変えずに5倍速! CAT5が使える「2.5G/5GBASE-T」、消費電力も低減
さらに高速化! 40Gbpsもイケる「25G/40GBASE-T」の普及は何年後!?
10GBASE-TはNASとの組み合わせで実力発揮! 今後はNURO 10Gも後押しか?〜NETGEARに聞く〜
2.5/5Gは10GBASE-T対応ケーブル敷設までのつなぎ、アンマネージプラスの販売比率は日本が世界トップ〜NETGEARに聞く〜
7月に改定された最新規格「Miracast 2.1」とは? Miracastはついに4K出力が可能に、11acとH.265もサポート
【アクセス回線10Gbpsへの道】 ATMをベースにしたPON規格「ITU G.983.1」の仕様とは?
NTT東西の「Bフレッツ」(100Mbps)に採用された最大622Mbpsの「B-PON」
1Gbpsのアクセス回線規格「GE-PON」、IEEE 802.3ahとして標準化
2.488Gbpsのアクセス回線向け規格「G-PON」、ITUが「G.984.1/2/3/4」として標準化
アクセス回線が10Gbpsに到達した「10G-EPON」、「IEEE 802.3av」として標準化
10Gbpsのアクセス回線規格「XG-PON」、NURO光 10Gに採用、ITUにより「G.987」として標準化
上り10Gbpsの「XGS-PON」は「G.9807.1」、続く4×10Gbpsの「NG-PON2」は「G.989」として標準化
25Gbpsの「NG-PON2+」、5G基地局のバックボーン向けに
なんと最大100Gbpsのアクセス回線? IEEE「100G-EPON」が2020年に標準化、次世代PON「FOAS」の具体化はまだ先
“世界最速”へのこだわり、XG-PONによる「NURO 光 10G」提供のソニーネットワークコミュニケーションズに聞く
10Gbpsのネット接続「auひかり ホーム10ギガ」、11axと10GBASE-T対応ホームゲートウェイも提供のKDDIに聞く
【スマートスピーカーの裏側に迫る】 呼び掛けにどう応答しているのか? Amazon EchoやGoogle Homeが動く仕組み
Alexaが一歩リードするSkill数が鍵、問いへの返答を返すクラウドサービスの内部構造
クラウドのバックエンドは発展途上、無数のデバイスと多様なプラットフォームが乱立
「IFTTT」をはじめとした、各種サービスをつなぐクラウド連携サービス
【Wi-Fi高速化への道】 20年前、最初のWi-Fiは1Mbpsだった……「IEEE 802.11/a」は国内で普及進まず
ついにWi-Fiが本格普及した「IEEE 802.11b/g」、ノートPCとCentrinoで利用加速
最大600Mbpsの「IEEE 802.11n」、2×2 MIMOなどに対応、4年遅れでようやく標準化
ビームフォーミングで周波数と端末の混雑を解消する「IEEE 802.11ac」、2013年にMandatoryが標準化
「IEEE 802.11ac」、256QAMやMU-MIMOをOptionalとしてサポート
「IEEE 802.11ac」でスループットが大幅増、2012年に国内向け製品が登場
「IEEE 802.11ac」のWave 2認証と、ビームフォーミングの製品への実装
60GHz帯の「IEEE 802.11ad」は普及進まず、「IEEE 802.11ax」の標準化進む
「IEEE 802.11ax」のMU-MIMOは8ユーザーの同時通信が可能に、OFDMAも採用
「IEEE 802.11ax」対応チップベンダーとクライアントの製品動向
IEEE 802.11ad同様に60GHz帯を用いる「WiGig」、UWBの失敗を糧に標準化へ
最大7Gbpsの「WiGig」対応チップセットは11adとの両対応に
推進役はIntelからQualcommへ、「IEEE 802.11ad」の興隆と失速
次世代の60GHz帯無線LAN規格「IEEE 802.11ay」、11のユーセージモデルを想定
60GHz帯を用いる次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ay」の機能要件の現状
【利便性を向上するWi-Fi規格】 Wi-Fiにおけるメッシュネットワークの必要性
Wi-Fiメッシュネットワーク標準規格「IEEE 802.11s」、策定までの流れと採用技術
Wi-Fiメッシュで通信コストを最小化する仕組み、「IEEE 802.11s」の採用技術
Wi-Fiメッシュネットワーク標準規格「IEEE 802.11s」、策定までの流れと採用技術
Wi-Fiメッシュの主流はQualcomm「Wi-Fi SON」へ、「IEEE 802.11s」に準拠せず
続々登場するQualcomm「Wi-Fi SON」採用製品は相互非互換、Wi-Fi Allianceは「EasyMesh」を発表
Wi-Fi最初の暗号化規格「WEP」、当初の目論見は“有線LAN同等のセキュリティ”
Wi-Fiの暗号化は「WPA」から「802.11i」を経て「WPA2」へ
2003年までの実装が必須だった「WPA」で採用された「TKIP」の4つの特徴
暗号化方式に「AES」を採用した「IEEE 802.11i」や「WPA2」、11n普及とともに浸透
WPA/WPA2の脆弱性“KRACKs”、悪用のハードルは?
WPA3は「SAE」採用で鍵の推測が不可能に、KRACKsで悪用の穴ふさぐ、2018年末から登場?
SSID&パスフレーズをボタンを押してやり取りする標準規格「WPS」、各社規格の乱立に終止符?
ボタンを押すとSSID&パスフレーズはどうやってやり取りされる? 「WPS」の接続手順
SSID・パスフレーズ交換の標準規格「WPS 2.0」、「WPS 1.0」の脆弱性を解消
認証不要でWi-Fi通信の傍受を不可能に、フリーWi-Fi向け新規格「Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open」
フリーWi-Fi向け新規格「Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open」、盗聴の恐れがある通信路で秘密鍵を安全に共有
Passpointの仕様である「Hotspot 2.0」のベースとなった標準規格「IEEE 802.11u」
国内キャリアも採用のホットスポット提供指標「WISPr」、「IEEE 802.11u」と一本化へ
ホットスポットでの認証の問題を解消した「HotSpot 2.0」、IEEE 802.11uやWISPr 1.0/2.0に欠けた要素を追加
Wi-Fiホットスポット接続規格「Passpoint」、高速なLTEの普及で拡大せず
スマホでQRコードを読み取り、ほかの機器をWi-Fi接続する「Wi-Fi Easy Connect」、画面やカメラがない機器を接続可能に
Wi-Fiを利用してVoIPを実現する音声伝達向け規格「Wi-Fi CERTIFIED Voice-Personal」
Wi-Fi子機同士を直接接続する「Wi-Fi Direct」
高精度の屋内測位機能を提供する「Wi-Fi CERTIFIED Location」
Wi-Fiで100μs精度の時刻同期ができる「Wi-Fi CERTIFIED TimeSync」
公衆Wi-Fiアクセスポイント向けの「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」、11ac+Passpointから拡充へ
「Wi-Fi CERTIFIED Agile Multiband」、ネットワーク内の移動に伴うローミングなどの対応をまとめて規定
ESSIDの異なるWi-Fiへの接続を高速化する「Wi-Fi CERTIFIED Optimized Connectivity」
11acから11axへの移行は2019年末から2020年初頭〜Ruckus Networksインタビュー
11axはCBRSとあわせて伸びる分野、その先には5Gも〜Ruckus Networksインタビュー
IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは? 省電力で広範囲であればLPWA、新規格も次々登場、LTEやWi-SUNの一部も?
世界各地で広範に利用できるLPWAの老舗「SIGFOX」
おおむね10kmをカバーする「LoRa」、51カ国で100事業者が提供 PHYとMACが規定され、Classは3種類
LPWAのハイエンドにあたるM2M向け規格「LTE Cat.1」、最大10MbpsでLTE同様のカバレージとハンドオーバー性能
MCT向けの省電力LPWA規格「LTE Cat.M1」、国内提供は免許が必要で携帯電話キャリアが中心に
単三2本で約10年稼働の省電力規格、“NB-IoT”こと「LTE Cat.NB1」
2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」
1km超で通信可能な「Wi-Fi HaLow」こと「IEEE 802.11ah」、1GHz未満のISM Bandを利用
日本発の規格「Wi-SUN」、「IEEE 802.15.4g」としてスマートメーター向けに展開
メッシュ対応で最大300kbpsの「Wi-SUN HAN」
広範囲カバー時のコストパフォーマンスに優れる「RPMA」
通信の冗長性を確保するLPWAらしからぬ通信技術「FlexNet」
20万台もの対応デバイスが強み、3ホップまでのメッシュに対応する「WirelessHART」
柔軟さと相互接続性を確保した工場向け通信規格「ISA100.11a」
光や温度差、直線運動で発電、バッテリーレス動作で超低消費電力の「EnOcean」
周波数利用効率が高く、微弱な信号で通信可能な「Weightless-P」
4ホップまでのメッシュをサポート、今後の立ち上げを狙う「ZETA」
ソニー開発の「ELTRES」、274kmの到達距離、時速40kmでも通信可能
メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」
単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」
433MHz帯の利用で到達距離と低消費電力を両立した「DASH7」
IoTはレッドオーシャン? LPWAはソリューションとしてのコストと期間での評価へ
UNISONet 7つの特徴、今後と海外への展開は? 〜ソナスインタビュー前編
UNISONetはLoRaやNB-IoTでカバーできない分野でグローバル標準を目指す 〜ソナスインタビュー後編
InfiniBandの現在 汎用的なInterconnectへ進化しつつあるInfiniBandの成り立ちは?
ラック間やサーバー間で2.5GT/sの転送速度を実現する「InfiniBand 1.0」
発熱への対処が難しく2002年にIntelが開発中止、サーバー間接続の一本化は実現せず
低いコストとレイテンシーでHPC向けの分散型構成に活路を見出す
InfiniBandで高性能を実現するMPIの仕様策定と、その実装「MPICH」
HBAとMPIとの組み合わせで、低レイテンシーを安価に実現した「RDMA」
RDMAでパケットを高速転送する「SDP」、これをiSCSIで実現する「iSER」
売上から見るInfiniBand市場規模の推移、規格の急速な世代交代もポイント
SDRの2.5GT/secに加え、DDRの5GT/secとQDRの10GT/secを2004年に追加サポート
低レイテンシ―かつ高速なMellanox初のDDR対応HCA「InfiniHost III Ex/Lx」
「QDR」に初対応のInfiniBand HCA「ConnectX IB」と10GbEカード「ConnectX EN」
InfiniBand QDR/Ethernet両対応の「ConnectX-2」と324ポートスイッチ「MTS3610」、2009年に登場
14GT/secの「InfiniBand FDR」と25GT/secの「InfiniBand EDR」、64b66b採用によるエラー増には「FEC」で対応
InfiniBand FDR対応の「ConnectX-3 VPI」カード、HPC向けが中心
SANスイッチ向けにInfiniBand市場へ参入したQLogic、撤退の後、2006年にはHCA向けに再参入
QLogic、市場シェアを拡大も、2012年にはInfiniBand部門をIntelへ売却
Intel、QLogicから買収したInfiniBandから一転、Omni-Path Fabricへ
InfiniBandが主戦場のMellanox、独自の56GbEでイーサーネット関連を拡大するも……
Mellanox、HBA1枚で100Gbpsの「InfiniBand EDR」を2014年リリース、2017年以降は売上の中心に
4x構成で200Gbps超の「InfiniBand HDR」、Mellanoxが2018年後半に製品化
Mellanox、Gen-Z Consortiumへ参画、データ量急増などによるメモリ帯域不足を解消するInterconnect実現へ
InfinityFabricを前提にしたGen-Zに加え、競合InterconnectのCAPI、CCIX、CXLにも参画するMellanox
PCIeの処理オーバーヘッドを36分の1に、IBM独自の「CAPI」から「OpenCAPI」へ
DRAMサポートを追加した「OpenCAPI 3.1」、メモリインターフェース統合を考慮も、Gen-Z競合にはなり得ず?
InfiniBandが主戦場のMellanox、独自の56GbEでイーサーネット関連を拡大するも……
Mellanox、HBA1枚で100Gbpsの「InfiniBand EDR」を2014年リリース、2017年以降は売上の中心に
4x構成で200Gbps超の「InfiniBand HDR」、Mellanoxが2018年後半に製品化
Mellanox、Gen-Z Consortiumへ参画、データ量急増などによるメモリ帯域不足を解消するInterconnect実現へ
InfinityFabricを前提にしたGen-Zに加え、競合InterconnectのCAPI、CCIX、CXLにも参画するMellanox
PCIeの処理オーバーヘッドを36分の1に、IBM独自の「CAPI」から「OpenCAPI」へ
DRAMサポートを追加した「OpenCAPI 3.1」、メモリインターフェース統合を考慮も、Gen-Z競合にはなり得ず?
3種類の接続形態をサポートする「Gen-Z Ver.1.1」、DRAMからのブートは不可
HDRは好スタート、InfiniBandのこの先は?
周波数帯を拡張するWi-Fi 6E Wi-Fi 6Eの6GHz帯、2019年後半に欧米で免許不要利用にメド
Wi-Fiで増える6GHz帯、日本ではしばらく利用不可? 次世代「Wi-Fi 7」では必須?
光Ethernetの歴史と発展 10BASE-T同様の仕組みに光ファイバーを用いて最大2kmを実現した「10BASE-F」
屈折率で伝送距離が異なる「光ファイバー」の材質と構造
最大100Mbpsながら伝送距離の異なる「100BASE-FX」「100BASE-SX」などの各規格
実効1Gbpsに到達、「1000BASE-SX/1000BASE-LX/1000BASE-CX」が1998年に策定
拠点間接続に用いる「1000BASE-X」の各種関連規格
低価格な光ファイバーで1Gbpsを実現する車載向けがメインの「GEPOF」
10Mbpsの「MII」から1000MbpsのCisco独自規格「SGMII」まで
1波長で10Gbps、光源と到達距離の異なる「10GBASE-W/R」の各規格
10Gbpsのフレッツ光やauひかりで使われる「10GBASE-PR」、既存ケーブルを流用できる「10GBASE-LRM」
XENPAK→X2→XFP→SFP+と移った10GBASEのトランシーバーモジュール規格
10Gbpsのシリアル通信規格「XFP」、これを置き換えた「SFP+」
10GbEの次は40GbEと100GbE、HSSGによってともに標準化の開始へ
最大100Gbpsを実現、「IEEE 802.3ba」として標準化された8つの規格
40G/100Gへ向けIEEE 802.3baで定義されたInterconnectとトランシーバーの規格
IEEE 802.3baのブラッシュアップを目論んだ「P802.3bm」、100Gbpsで到達距離100mを目指す
最大100Gbpsで到達距離100mの「100GBASE-SR4」と40Gbpsで40kmの「40GBASE-ER4」
最大200Gbpsを見据えた「CFP2」、サイズはCFPの半分に、さらに小型化を果たした「CFP4」も
40Gbpsの「QSFP+」、50Gbpsの「QSFP56」、112Gbpsの「SFP-DD」「QSFP28」
25Gbps×4で100Gbps、光Ethernet第2世代「IEEE 802.3bm-2015」の各規格が標準化
50Gbpsに対応する5つの規格「50GBASE-KR/CR/SR/FR/LR」
「25G PAM-4」で100/200Gbpsを実現する7規格に続き、1対のSMFで100Gbpsの「100G PAM-4」が実現へ
25Gbps×8の「200GBASE-R」で「CFP8」「QSFP-DD」「OSFP」「CDFP」のモジュール規格が乱立
最大400Gbpsを実現する2つのモジュール規格「OSFP」「CDFP」
1レーン50Gbpsで最大400Gbpsを実現する「P802.3bs」
レーンあたり50/25Gbpsで400Gbpsを実現する「IEEE 802.3bs」の各規格
53.125Gの「PAM-4」を4対束ねた「PSM4」で最大400Gbpsを実現する「400GBASE-DR4」
アクセス回線向けの光ファイバー規格「IEEE P802.3cp/P802.3cs/P802.3ct」
位相変調した光信号を復号するコヒーレント光と、波長分離多重「DWDM」を併用する「400ZR」
「100GBASE-ZR」を残し「IEEE P802.3ct」から「400GBASE-ZR」を分割、「IEEE P802.3cw」で策定へ
1対のMMFで100Gbpsを目指す「IEEE P802.3db」
IEEE標準ではない光Ethernetの各規格、100G/400G/800Gですでに登場
SWDMを用いた100/40Gbpsの光Ethernet規格「100G-SWDM4-MSA」と「40G-SWDM4-MSA」
「100GBASE-LR4」と「100GBASE-SR10」の間を埋める最大100Gbpsの「100G PSM4 MSA」
25Gbps×4をSMF1本に集約し100Gbpsを実現、到達距離2kmの「CWDM4 MSA」と、10/20/40kmの「4WDM MSA」
100Gbpsで10/20/40kmの到達距離を狙った「100G 4WDM-10/20/40」
「100G PAM-4」の採用で最大100Gbps、到達距離2kmの「100G-FR」と10kmの「100G-LR」
SMF1対で最大100Gbpsの「100G LR1-20/ER1-30/ER1-40」と、4本束ねて400Gbpsの「400G-FR」


Topに戻る